個性のある結婚式

ブーケ

結婚式場選びは個人の特色を生かす事ができますので、他人と違ったことをしたいと思ったときには結婚式場選びから力を入れると良いです。
結婚式場選びで一番多いのはホテルの式場を使うと言う事ですが、これでは他の人と同じです。
そこで結婚式場として人と差をつける事ができるのでがゲストハウスやレストランウェディングなのです。
ゲストハウスは洋風の一軒家のような場所でする結婚式ですから、プランは無限大となります。
自由にその一軒家を使えますので、庭があればガーデンパーティーのような事もできます。そして何よりも参列者にもその自由さが伝わるのです。

一般的な結婚式では座る場所が決まっていたりとしますが、ゲストハウスでする場合には立食も可能です。
結婚式を立食にすれば参列者同士の交流も深める事ができるので、結婚式としてだけではなく親睦を深めるパーティーとしての効力も持つことになるのです。
レストランウェディングの場合にはレストランを貸し切りにします。
レストランを貸し切りに結婚式をしますが一般的なホテルの会場に比べると会場代が安く済みます。
その分食事を豪華にすると言う事ができますから、有名店の料理を味わいたいと言うような時に選ぶと良いでしょう。
特に参列者にグルメな人が多い場合には、このようなレストランウェディングがおすすめです。
結婚式場はホテルだけでなく、ゲストハウスやレストランウェディングもありますので、そういうものから選んで個性を出してみるのも良いですね。

結婚式場の種類

カラフルなブーケ

結婚披露宴といえば、少し前までは大小いくつかの舞台付きホールを持った結婚式場やホテル会場を使用することが多かったですが、現在は予算やカップルのスタイルに応じて、様々な披露宴の形があります。
特に最近は、昔のように親族・会社の上司から同僚までと大勢を招待して行うよりも、もっと少人数、低予算での披露宴を望むカップルも多いのです。
そのような風潮に合わせて最近人気が出てきているのが、ゲストハウスやレストランウェディングといったものです。
ゲストハウスの多くは白を基調とした会場に、協会と牧師を備え、外には緑や花の手入れされたガーデンがあるといった特徴で、だいたい70~80名、多くて100名程度の人数で行われます。
ゲストハウスでのウェディングは女性ならば一度は憧れる、諸外国のお姫様にでもなったかのような雰囲気の中でウェデングが行えます。

それよりも、もっとカジュアルなウェディングを行うならレストランウェディングです。レストランウェディングはその名の通り、レストランで行われます。
この場合、ゲストハウスよりももっと少人数で行うことになるでしょう。
大切な友人や家族に限ることで、カジュアルに気兼ねなく行えることと、レストランですので、料理が美味しいことがレストランウェディングの利点です。
このように時代の変化に応じて、結婚式場も工夫を凝らして形を変えているようです。
ただ、少し前のような結婚式場での披露宴は、親世代からすれば一生の一度の晴れ舞台は大勢でと考えることもあるでしょうし、結婚式を挙げる本人たちも、流行りよりも厳かにと思うカップルもおり、老舗の結婚式場も、なかなか根強い人気があるようです。

ゲストハウス、レストランウェディングでは料理を含め、サービスや演出もオーダーメイドに対応してもらえる傾向があるように思います。
入場や披露宴の飾り、ドレスや演出なども比較的自由な印象が強いです。
しかし近年では上記のゲストハウス、レストランウェディングにみられがちなオーダーメイドの対応が格式のあるホテルでも広く行われていることもあり、ホテルでの伝統的な結婚式もやはり大変人気があります。
やはり格式という面ではどなたも自信をもって招待できるという点も大きいのではと思われます。

アーカイブ